背中

脊柱管狭窄症てどんな症状?出張整体楽歩が詳しく解説!

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは、神経の背中側にある黄色靭帯が分厚くなったり、椎体と椎体の間にある椎間板が突出してヘルニアとなったり、あるいは骨そのものが変形突出したりすることで脊柱管が狭くなった状態のことを指します。 脊柱管が狭窄すると中を走る神経が圧迫されます。

頚椎、腰椎に発症することが多いです。頚椎に生じた場合には、手足のしびれや運動障害を自覚するようになります。例えば、お箸が使いにくい、字が書きにくい、ボタンが掛けにくいといった上肢の症状に加えて、歩きにくい、ふらつく、階段が上り下りしにくいなどの下肢の症状も出現します。

腰椎の脊柱管狭窄症では、腰から下のしびれや痛みが出現します。歩いているとお尻や足に痛みやしびれを感じ、休むと楽になる。それでまた歩くと再び痛くなるといった、間欠跛行(かんけつはこう) と呼ばれる症状がとても特徴的です。

そんな症状があると思いのお客様!ぜひ出張整体楽歩のお任せください。丁寧かつ安心できる施術でお客様をサポートします。

 

動きたくないほどの痛みを我慢しないで!痛みの本当の原因を突き止めませんか?埼玉県富士見市の出張整体楽歩の施術は従来の強く身体を揉んだり骨を動かす等の痛みの伴う施術ではなく、優しい力のみで行うため整体が苦手という方もご安心ください。 特に、脊柱管狭窄症の方や医者から手術を勧められている方は、一度AKS療法をお試しください。作業療法士としての知識と経験を活かし、お客様のお悩みを一緒に改善させていただきます。

店舗名 出張整体楽歩
代表者名 榊原 眞奈美
所在地 〒354-0022
埼玉県富士見市
営業時間 10:00 – 18:00
20:00 – 21:30(テレ療法)
定休日 水曜日・木曜日
電話番号 080-9696-8865
事業内容 出張整体(AKS療法)
テレ整体(AKSテレ療法)
保有資格 ・上級AKS療法士
・AKS療法上級インストラクター
・尿失禁ケアセラピスト
・AKSテレ療法士
・作業療法士

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP